キリギリスはなぜ死んだ?

ニートに生きる資格を

自分から逃げるな。今度こそ向き合うんだ。どれだけ苦痛であっても。

チェスター・ベニントン後追い自殺をする人がいるそうだ。

無理もない事だと思う。それくらい彼の死は僕らに衝撃と喪失感を与えた。

HIDEが亡くなったとき、やはりファンがあの世まで追いかけていく事件が

話題になったそうだ。

それを考えれば、何の不思議もない。

「それぐらいの事で、なんて大げさな」と思う人は多い。

実際、社会全般の認識なんてそんなものだろう。

もちろん、「この一件だけ」なら持ちこたえられるかもしれない。

しかし、それまでにあった出来事。踏んだり蹴ったりの人生の中で

「それだけ」もつもり積もれば、抱えきれないと嘆いている人にとって

最後のとどめになる。

 

特に、もうダメだ。という崖っぷちでなんとかこらえている人のとって

今回の出来事は、10トラックが追突してくるレベルであり

落ちてもしょうがない。といえばしょうがないような気がする。

なぜ、そこまでのダメージになるのか?

それは、彼らが常に僕らと同じ目線だったからだと僕は勝手に断定する。

リンキンパーク。というかチェスターベニントンは、いつか良くなる。とか

人生は素晴らしい、といったおざなりな希望を歌う事はなかった。

ただひたすらに、「辛い」と

振り絞るように、「苦しい」と叫び続けた。

その姿は美辞麗句を並びたてたJPOPよりもはるかに

勇気を当たえていて。

なぜか、応援されているような気がした。

高橋優氏は

セックス・ピストルズが愛を歌わなかった。

だけど愛を歌っているような気がした。」

 

 

と歌っていたが、その感覚に近い。

リンキンパークは夢や希望を歌わなかったけど

それを掴もうとしていた。なんとか作り出そうとしている

ような気がした。けっして気休めではなく

自分自身の嫌なものを必死で振り切ろうとしていた。

 

そのチェスターが諦めてしまった。

自殺。選択肢としてタブーと呼ばれているが

僕はこの行動をとってしまった人たちを責めたくはない。

少なくとも社会一般の人々のように

忍耐がない。とか、根性がないとかいった

精神論を唱えるのは、間違いだ。と思う。

少し横道にそれるが、この社会にはなぜこんなに

「精神論」を唱える人が多いのだろう?

やればできる。とか、意志がないからだ。

とか。

恐らく、日本人というのは、できない。という事を認めるのが怖いのだろう。

それは自分の能力が劣っていると認める事になる。

何より、現在に不満があっても、それを変える方法が思いつかない。

何か行動を起こしても何も変わらない。

自分も嫌だが、耐えている。なのに、お前が文句をいうな。

結局、現実逃避ではないか。

 

今度こそ、自分と向き合うんだ。

 

 
絶望のどん底に突き落とされたら,寒気や喪失感を覚えるだろう?
今まで,望みをかけても,結局最後は裏切られてばかりだったけど,
今度こそ,その悲しみや怒りにきちんと向き合って
ひとつずつ乗り越えるんだ

乗り越えて
忘れるんだ
そのまま
終わらせるんだ

 linkin park -iridescent

 和訳引用ーおよげ!対訳くん

oyogetaiyakukun.blogspot.com

本当はCDやyoutubeの公式動画に和訳された物があるのだが

どうもしっくりこなかったのでこちらのサイトを引用してしまった。

そうだ。今度こそ向き合うんだ。

それが、どれだけくだらない自分であったとしても。

僕の悲鳴なんて誰が聞いてる?

このブログはほぼ愚痴が書いてあり

世間から見れば、ゴミブログである事は言うまでもない。

しかし、僕は自分の苦しみと向き合うために

これを書いている。

人気取りのためじゃない。自分が乗り越えるために。

今度こそ、振り切ってみせる。

今感じている悲しみ、孤独、将来への不安、それと向き合い、忘れるために

書く。

僕は苦しいと言い続ける。自分が苦しんでいる限りは。

僕は、他人の苦痛に、わかる。とは言いたくないのだ。

それは、どこか上から目線のような気がするから。

僕は人生は苦しいと言った後に、「でも」や「だけど」を

つけたくはないのだ。

結局それは、苦んでいる事を否定しているような気がするから。

 

味方になってくれる人も、代わりに叫んでくれる人も、もういない。

 

僕はもう、自分から逃げる事はできないのだから。

 

 

 

 

 

嫌われ者の意外な一面。ヴィンセントが教えてくれた事


ヴィンセントが教えてくれたこと(字幕版)(予告編)

一方的な偏見だが、ニートや社会不適合者は

「年の離れた友情」「嫌われ者」というか、「孤独な男」

というキーワードの作品に惹きつけられる。

世間に馴染めず、疎まれているところが共感しやすいのだろうか。

それを考えたら、この作品は、僕のストライクゾーンにクリティカルヒットした。

ポケモンで言えば、「急所に当たった!」「効果は抜群だ!」状態である。

主演はやさぐれたおっさん界の大御所。ビル・マーレイ。とか

言ってみたものの、ぶっちゃけ、ゴーストバスターズに出てた人って

情報しか頭にない。

 

しかし、ヴィンセント・マッケンナのキャラクターは、彼で良かった。

と思う。もし、これが、クリント・イーストウッドだったら

まるで違う映画になってしまっただろう。

あらすじ

1日の大半をバーや競馬場ですごし、自宅を担保に銀行から借金をして暮らす

ヴィンセント。

その金もギャンブルや酒に費やし、融資もとっくに限度額に達しており

売春を頼む妊婦のロシア人ストリッパー、ダカへの代金の支払いも、

高利貸しのズッコへの返済も踏み倒す始末。

 

そんな彼の隣に、マギーとその息子、オリバーが引っ越してくる。

とにかく口汚いヴィンセントに、最初は嫌悪感を抱く二人。

 

しかし、シングルマザーであるマギーは生活費やオリバーの学費を稼ぐために

夜遅くまで働かなければならない。

仕方なくヴィンセントに子守を頼むが、1時間12ドルなら面倒を見ると言われる。

ベビーシッターを雇えない。と嘆くマギーを見かねたヴィンセントは

食事なしなら、1時間11ドルにする。と折れる。

背に腹は変えられない。しょうがなく、預けられたオリバー。

 

最初はギクシャクしていた二人だったが、イジめられっ子のオリバーに

必殺技を伝授したり、話しているうちに、オリバーはヴィンセントを

面白い爺さんと思うようになる。

 

聖人ってどんな人?

ある日、学校から聖人とはどんな人のことをいうのか?

という宿題を出されたオリバー。

「取り合えず、自分の近くにいる、この人は偉いなぁ〜と思った人の事を

調べてみよう。」

との先生のアドバイス

何を血迷ったのかヴィンセントを選んでしまう。

 

そして、オリバーはヴィンセントの周りの人々に彼の過去を聞いていくうちに

意外な一面がある事を知る。

 

聖人とはなにか?人という字がついている限り

いや、人である限り、弱点がないわけもない。

一見素晴らしく見える人でも、なにか狂気にみちた側面があるのなら

一見クズに見えるジジィでも、人間として、素晴らしい一面がある。

そんなメッセージを感じる

楽める。という意味で人間のバックボーンを考えさせる作品だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井の頭公園の怪異 東方力丸を知っているか?

どうも。四六時中、己の悲哀を

街宣車で叫びながら、村じゅうを

うろついている

はてな村の奇行種、せんべいです。

 

未知との遭遇

僕はよく公園に行く。といっても地元では

知り合いに会う可能性があり

顔を合わせた時点で終了だ。

悪夢である。なんとしても阻止せねばなるまい。

 

まるで中学の時陰キャだった奴が

高校デビューのために

わざと遠くの学校を受験するように

都会に足を伸ばし、有名な場所を回っていった

結果。

 

一番気に入ったのが吉祥寺、井の頭公園だった。

ここは、広いし、平日でも人通りが多くて

ニートがいても不自然にはならない。

さらに、露天商や弾き語りをしている人も多く

遠巻きに見ていても飽きない。勿論、本人達からしてみれば

見てねぇで金をよこせよ!と思っているだろう。

しかし、金がないのは僕も同じだ。むしろ僕の方が金をくれ!と

叫びたい。しかし、こんなところで叫びだしたら、異常者以外の

何者でもない。

 

ジブリアニメのメインテーマをヴァイオリンで演奏している人がいる

のどかな昼下がり。それを引き裂くようにして、どこからか

奇声が聞こえて来る。

こんな昼間っから酔っ払いか?と思ったけど

発信源を見つけたとき、そこにいたのは

悪く言えばヒッピー。

よく言えば、現代によみがえったイエスのような風体のおっさんだった。

どうしたイエス?あなたはブッダと共に立川のアパートでルームシェア

しているのではなかったか?まさか、クリスチャン弾圧。

家賃未納で立ち退きに!?と心配したが、よく見たら

ビニールシートを敷き、その上に

スケッチブックのようなものが数冊と

立て札が置かれていた。「マンガ朗読〜円」

そして紙芝居みたいなノリでそれを読んでいる。よく聞くと、

 「三分間待ってやる」

と言っているように思える。

"天空の城ラピュタ"の

大人気ヴィランムスカ大佐の名台詞だ。

その口調が、北斗の拳のようなヒャハー戦闘員であり、

OP「You 「は」 Shock!」のテンションで終始喋っている。 *1

 ヴァイオリンの人と違って、ジブリの牧歌的雰囲気は皆無

どうやら愛で落ちてきた空の着弾地点は、彼の頭だったようだ。

 

 すれ違う人々に「やっと会えたな。お客様」と宿敵に遭遇したような口調で

呼び込みをかけている。接客まで北斗を貫くスタイル。嫌いじゃないわ。

かといって僕が、金を出すわけでもない。

当時は正直、彼を奇人を見る目で見ていたのは確かだ。

ニートであるこの僕が。である。

奇人から勇者へ。

 先日、僕はこんな記事を書いた。

 

senbeibj59634hu.hatenablog.com

 ただ、衝動的に書いたクソ記事*2だった。

あまりにひどいので、一回消したぐらいだ。

しかし、評価してくださった方もいた。

たとえそれが、憐れみだったとしても、ここから僕は

もう、何を書いてもいいや。というある種思い切りのような考え

に至った。

そして、ツイッターでフォローしてくれてのが

彼、東方力丸氏であった。

誰がこの、まさかの再会を予測できたであろうか?

いや、現実世界では、全く顔も合わせた事がない。

というか、僕が、一方的に彼を知っているというだけで

東方氏本人には、いい迷惑以外の何物でもない。

 

しかし、乙女座の僕には、センチメンタリズムな運命を感じられずには

いられなかった。この気持ち・・・まさしく愛だ。

24世紀のガノタになってしまうほど、僕は感動していた。

ふと、思うのだが、もしかしたら、僕らは似ているのかもしれない。

ネットっという世界に見える形で、中二ポエムを垂れ流す僕。

そして、現実の世界で叫び続ける東方氏。

どちらも、奇異の目で見られ、普通は無視される存在。

いや、僕と同列で語るのは間違いだろう。

匿名で顔を出さず、安全圏にいる僕と、現場で戦い続ける彼。

僕にはとても真似できない。

 

人にどう思われようが、叫ばざるを得ない感情の発露。

社会という巨大なモンスターに立ち向かうためにとった

これが彼のバトルスタイルなのだ。

憐憫の目で見ていた奇人が、勇者にジョブチェンジした瞬間である。

ドラク◯の最新作でも実装されていないシステム。

東方氏ははるか先を行っている。

 なくてはならない存在。

彼がいない公園は、どこか寂しい。

僕の隣に座っていた子連れも

「あれっあの人いないね。あの・・・漫画読む人」

と言っていた。

 

彼自身もツイッタープロフィールで、世間的に見れば奇人、変人です。

と語っている。変なのは百も承知。

しかし、変な漫画日本代表、銀魂から引用すると

変とはつまりオリジナリティー」である。

井の頭公園の中心で(漫画への)愛を叫ぶイエス

変なブログを続ける勇気をもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:「you are shock」ではない『は」である。調べたときは僕も衝撃だった。

*2:この記事だけ。とは言わないが。

グラウンドをならす道具を、なぜトンボというのか?

世間は、今週からお盆休みだそうです。僕は、

フリーターだった頃もサービス業だったし、ニートの今は

四六時中休んでいるような物なので、あまりピンとこないのですが。

 

そんな僕でも、一応、意味ぐらいは知ってます。

きゅうりに割り箸くっつけて、馬を作り

それに乗って来ていただく。早く来て。と

同じように、なすで牛を作る。

お土産を乗っけて、ゆっくりと帰ってくださるように。

きゅうりとか、なすとか、なんだかお子様みたいですけど

個人的には、風情があっていいと思います。

 

8月。僕には楽しい思い出があります。

しかし、この国の歴史はそうはいかない。

6日も9日も暑かったです。

あの町にいた人達が、どれだけ熱い思いをしたのか?

僕にわかるはずもないけど。

落とした人、彼らもなんでこんな日を選んだんでしょう?

悪意があったとしか想えません。

一応、断っておきますけど、真冬だったらいいのか?

なんて問題ではなく。

 

最近だと、悲惨さばかり嘆いていても、何も変わらない!

日本こそ、核武装すべきだ!という声があります。

38度線の上にいる時代錯誤の髪型のあいつ。

*1

 

どれだけおちょくっても

そのはるか彼方にいるカツラ疑惑もあった彼も口だけで

まるで手を出さないのが、何よりの証拠かもしれませんね。*2

まぁ、このまま口喧嘩で終わってくれれば、それに越した事はないのですが。

 

それにしても、昔は、でかい船に、でかい鉄砲をつけるのに憧れて

負けじとでかい船を作れば失敗で

とうとう、愚かな火にすら。ですか。

どれだけ時代がたっても、僕らは、白人への憧れを捨てる事は出来ない

ようです。

 

やめましょうね。

これ以上ぼくが無知をひけらかしても、なんにもならない。

世相なんてなるようにしかならない。

4回目の最悪がない事を願います。

負われてみたのはいつの日か

河原に行くとあなたと歩いたあの日を思い出します。

先月はブヨが大量に飛んできて、不愉快でしたが

先週半ばあたりから、赤とんぼが目立つようになりました。

真夏なのに、秋を感じるような虫が飛んでいるのは、ちょっと早い気もしますが

見ていて飽きないです。少なくとも、ブヨよりは。

 

 

よく、甲子園見てましたよね。

僕はどっちかって言うと野球よりサッカーの方が好きだ。と言ったら

「俺は球蹴りわかんねぇ」って。

いくらサッカーって言っても覚えてくれませんでしたね。

日本人なら、野球が一番。って聞かなくて。

 

興味がない。って言っても

たまに、テレビを見る事があります。

懐かしくて、あの頃に戻れるような気がして。

あなたがよく話をしてくれましたね。

何度も、何度も。きっと大事な事だから。

 

「甲子園。よーく目を開いて見てごらん。

うっすらとんぼが飛んでいるのが見えるだろ。なんでかって?」

 

「亡くなって野球ができなかった人が見に来るんだ」

 

正直に言います。当時は半分馬鹿にしていました。

でも、今は信じたい自分がいます。

 

最近知ったんですけど、昔、この国が今よりずっと見栄っ張りで

よせばいいのに、帝国。なんて名乗っていた頃

これまたよせばいいのに、外国は持っているから

と無理して作った船から飛行機を

飛ばすのに失敗したとき、乗っている人と、飛行機を片付ける作業を

「とんぼ釣り」といったそうです。

そして、練習用の飛行機の愛称は、「赤とんぼ」

もしかして、あなた、知ってました?まさか。とは思いますが。

 

今日は15日です。世間的には、記念日。だそうです。

テレビでよく、あの日の事を流してます。とても重く、悲しい気持ちになります。

 

お国のために。という建前で突っ込んだのは、20代の人たちだったそうです。

あなたの言う通りですね。一番野球がしたくてたまらなかった年代の人達です。

*3

 

 

今のぼくなら、わかる気がするんです。それが、どれだけ気休め

でも、もう一度会いたいって気持ち。

 

なるほと、キュウリやなすが動物になる。というのなら

とんぼが飛行機になっても、なんの不思議もない。

夕焼けに溶けていく赤とんぼに

もう会えなくなった人達の面影を重ねて

その姿を忘れないために、

野球でグラウンドをならす道具をとんぼと言うようになったのだと。

 

都市伝説。

読んでくれた人には、恐縮ですが、信じるか。信じないか。

なんてどうでもいいです。

 ただの思い出話なので。

 

*1:スイスに留学した事があるそうですが、スイスの香りはまるでしませんね。

*2:どちらも、テレビ版ジャイアンみたいで、案外気が合うと思うんだけどなぁ・・・

*3: そう考えると、今生きている自分が恥ずかしくなります。

マネしたくなるほどかっこいい!名作映画ベスト5

名作には見た瞬間に強烈に脳裏に焼き付けるシーンがある。

それは、カッコ良かったり、涙したり

映画は見てないけど

そこだけ話題になってみんなが真似した・・・なんて事も

そんな誰もがやったな〜っていう

アクションを独断と偏見でランキングしてみた。

第5位 ライトセイバーごっこ。

 

f:id:senbeibj59634hu:20170812232216p:plain

SF映画を語る上で欠かせない伝説、「スター・ウォーズ

中でも、有名なのはこのライトセイバー。特殊なクリスタルを動力に

生み出されるエネルギーで刃を作り出し、これまた選ばれし者

ジェダイ」しか使う事を許されない。

小学生の頃

雨上がりの帰り道で、あの独特の「ヴォン、ヴォン」という音を

口で真似しながら、チャンバラごっこをした男子は多い・・・

はずだ。

残念ながら、傘はアルミやプラスチックの

骨でできているため、チャンバラなんかしたら、当然壊れる。

僕はよく傘を壊し

お母さんに、「もう買ってやんないよ。ずぶ濡れで学校行きな!」

と怒られた。まぁ今ではいい思い出だけどね。

 

第4位 ゲイリー飲み。

f:id:senbeibj59634hu:20170813000024p:plain

これまた名作アクション映画、「LEON」から

 

このシーンは

劇中、麻薬課の警官であるにもかかわらず、自身も

薬物中毒である

スタンフィールドがドラッグを飲むシーンなのだが、

演じている世界悪役商会名誉会長

ゲイリー・オールドマンのそのあまりにもかっこ良い

(イカれてる?)飲み方に

画面の向こうの男たちは、劇場を出た後、この

「ゴクッ!クッ!クッ!ツァー!(エクスタシー)」

をやらずにはいられなかった。

 

もちろん、ドラッグなんて手に入らないどころか

そんな物使ったら、人生が破滅してしまう。

(ドラッグ。ダメ!絶対!)

使う薬は、エス◯ックとか、パブ◯ンとか*1

 僕の場合、カバヤジューCを使用していた。

映画自体が素晴らしいのは言うまでもない。

個人的には、レオンが、マチルダに、一切殺人をさせない所に好感が持てた。

まぁ、僕が好きな理由なんて聞きたくもないだろけど。

 第三位  ET トモダチ

手違いで地球に取り残されてしまった迷子の宇宙人と地球の子供たちとの

友情を描いたハートフル作品、ET

ぶっちゃけこの映画、僕はあまり見た事がない。

 

あまり、というのは、中学の頃、道徳の時間か何かの授業で見た事があるからだ。

それでも、ETとエリオットの別れのシーンは、あまりに有名でパッケージになって

しまっているし、映画を見た事がない人でも知っている。*2

 

小さい頃、学校帰りに友達と別れるとき、「トモダーチ」

と指を合わせるのが流行ったのは、僕だけではないはず。

 

第2位 親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーン(T2)

f:id:senbeibj59634hu:20170813012639p:plain

 

 第2位は、公開から26年たっているにもかかわらず

3Dリメイクして上映するほどの傑作。「ターミネーター2」のラストシーン。

前作では、無慈悲な殺人マシーンだったターミネーター

今作では味方として登場する。という

ジャンプにありがちな王道の展開。

 

最初は、「ジョンを守る」以外プログラム

されておらず、関係ない他人は殺そうとするターミネーターにジョンが人間性

教えるシーン、「地獄で会おうぜベイビー」に代表される二人の友情。

そして前作でターミネーターに殺されかけたジョンの母、サラとの和解が込められて

いるのが、このラストシーンである。自分が最強最悪の殺人兵器である事を理解し、

消滅する事を選ぶターミネーター

あの、「ダダス!ダッダダス!」のテーマとともに溶鉱炉に沈んでいくシーンは

涙なしに見る事は出来ない。

 

夏休みのプールで潜水する時、親指を立てながら、ゆっくり沈んでいく

遊びをしたのは僕だけではない。はずだ。

 

最近、何かと話題になっている人工知能

このまま進化すると

人間を支配するかもしれない。

とか、人間の仕事を奪うかもしれない。

という映画みたいな噂が語られているが

「人間がなぜ泣くのかわかった。俺は泣けないけど。」

この映画のような「進化」を祈らずにはいられない。

 第1位 「Trinity! Help!」

f:id:senbeibj59634hu:20170813200756p:plain

いわゆる、マトリックスよけ。である。

 

近未来。人間たちは、機械が作った「マトリックス

と呼ばれる仮想現実の中で夢を見せられ、

残った肉体は「電池」として栽培されていた。

 

そんなマトリックスのルールを無視する事のできる救世主、「ネオ』が

マトリックスの番人、「エージェント」の放つ弾丸を避けるために

とったのが、写真の行動である。

 

銃弾が見える速度で迫ってくる

というクソかっこいい演出。

ただ後ろに体を反らせる。という

もしかしたら、出来るんじゃね?という態勢は

誰もがマネをした。

ブッシュ大統領も密かに練習していたのだろう。

写真を見る限り彼が靴を避け切れたのも、納得である。

 

なお、孤高のロックシンガーGACKTさんはこのマトリックスよけを、ほぼ

完璧に再現する事が出来る。恐ろしい体幹である。

ちなみに、GACKTさんは、4位のゲイリー飲みも完璧にこなす事ができる。

さすが、炭水化物を1年に一回しか摂取しないだけの事はある。

 

 

 総評。

あなたが真似したシーンは入っていただろうか。

もちろん、これは僕がマネした物を並べただけで

ランキングに入っていなかった・・・・といって

有名ではないという事ではないので、安心してほしい。

 


 

 

 

*1:(半分は優しさで出来てるし安心だね。)

*2:僕は好きなのは、自転車で空を飛ぶ所だけど。

口内炎を早く治したい人にお勧めの治療法。

 

ガリッ!あーまたやっちまったよ。

口の中を噛んで、痛む傷口が気になる。

よせばいいのに、舌でつつくから

それがどんどん広がって、やがて口内炎になる。

こうなってしまうと中々治らない。

そんなときにかぎって麻婆豆腐、餃子、シャケの塩焼き

といったいつもなら、最高のメニューが食卓に並ぶ。

 

食べたい。でも痛い。我慢して食べる。でも痛い。

地獄の無限ループを終わらせる

為に、長年口内炎と戦い続けている

僕がしてきた対処法を自身の経験を

元に吟味していく。

 

 

家庭の医学編

 歯磨き粉

僕の家庭では、口内炎ができたら

傷口に歯磨き粉を塗り、ゆだれをだす。

というやり方があった。

確かに、なびった瞬間は治った気がするのだが

しばらくすると歯磨き粉の

コーティングが剥がれて、木阿弥になってしまう。

確かに、治るといえば、治るのだが

いかんせん、遅すぎる。

これはネットで出てきた対処法なのだが目を疑った。

「傷口に塩を塗る。」のことわざ通り

余計に悪くなるような気がする。

理屈としては、塩に含まれるミネラルが

殺菌の役目を果たし、

さらに、わざと激痛を与える事で

ショック療法のような効果が得られる。

正直、ガマの油の方がまだ効果がありそうだが

思い返せば漫画、バガボンド

主人公、武蔵が、吉岡一門、植田良平の

「一の太刀」によりふくらはぎを負傷した際

治療した沢庵坊がその傷口に塩を塗りこんでいた。

 

やらない後悔より、やった後悔が大事。

台所から、塩の入ったジップロックコンテナを取り出し、

鏡を見ながら、傷口に照準を合わせ、塗り込む。

 

衝撃。あまりの痛さに悶絶し、目からは涙がこぼれ落ちた。

しかし、これで治るなら、と2回、3回と繰り返す。

不思議と、痛みは軽くなっていったが・・・・

この方法はあまりお勧めできない。

次の日、傷口が余計に広がっていた。

どうやら、使う塩の種類を間違えていたようだ。

僕は、生理食塩を使ってしまっていた。

これでは

細菌が繁殖する温床を作ってしまい逆効果である

皆さんが試す場合、天然の塩を使って欲しい。

 市販薬編

 正直に言うと、僕は、あまり、薬や医者にかかりたくないタイプだ。

もう、どうしてもしょうがない。といった場合以外頼らない。

なので、市販薬も詳しくないのだが

 トラフル錠
【第3類医薬品】トラフル錠 24錠

【第3類医薬品】トラフル錠 24錠

 

 だけは使った。やはり、薬はすごい。これを飲んだ後だと、2,3日で治った。

僕は使った事がないが、これ以外にも、傷口に直接塗るタイプや

違う会社だが、シールのように貼るタイプのものもあり

それを使えば、より早く治る。かもしれない。

少なくとも

塩を塗りたくって激痛に悶えるよりはいいだろう。

 予防編 口内炎にならないためには

口内炎になる原因はストレスや寝不足なども多く

規則ただしい生活を送り

ストレスを溜めないように生活するのが望ましい。

 

しかし、現代社会で

ストレスを溜めずに生きる事など

不可能だと僕は思う。

 

なので、できるだけ、口の中を清潔に保つのが望ましい。

僕が使っているのは

 

 数種類試したが、これが一番良かった。

ミントの味が強すぎず、緑茶の味かするため

爽やかになりすぎず、落ち着いた

感じがする。

 

口内炎の薬は、そこでしか使用できないが、これは口臭予防にもなる。

特に、寝ている時口呼吸の人は、朝起きた後、口が気持ちわるい時に

効果的だ。

僕はもう、リステリンなしでは生きていけない。

 

 

身の丈にあった幸福とはなにか?

しばらく調子が良くて

毎日、ブログの更新もできていたが

急に書けなくなった。

ブログとは全く関係ない場所にいた時、頭の中にあった言葉も

いざパソコンの前に座れば、どこかに飛んでいってしまう。

ブログを書くということが、こんなに難しいなんて思わなかった。

 

しかし、なりふり構ってはいられない。

書けない愚痴すら記事にするしかない。

読者の皆さんには申し訳ないと思う。

毎日投稿するとなると、出てくるのはやはり愚痴しかないのだ。

僕の書いたブログが何の役に立つか?と聞かれたら

粗大ごみである。とだけ言っておこう。

文章には、人柄がでる。というなら、

大した社会経験もない奴の書いた物など

その程度で当然だが。

 

人並みが高望み。

 人並みの生活がしたい。

というのは僕には無理な話みたいだ。

「人並み」と言っては見たけど

あまりに過ぎた代物であるような気がする。

結婚、出産、育児、マイホーム。

それら全てが計り知れない自己犠牲の

末に得られる物なら、僕が欲しがるのは、間違っている。

 

あって当たり前だ。と思っていた物は全て

自由を犠牲にして得た物であり

社会全般の人がその程度ならよしとする

不自由に耐えられない僕が

得られる物ではなかった。

 

なりたい物となれる物が違うなら

今僕は幸せの絶頂にいるはずだ。

いい加減、わかれよ。

この生活が、お前の憧れだろう?

昔からそうだった。

本当は、学校も、会社もどうでもよかった。

朝、早く起きるのが嫌でも親に起こされたから

成人してからは、生きるために

仕方なく出かける毎日。

それを考えれば、夢のような生活だろ?

何にもしなくても飯が食える。

好きなだけ寝ていられる。

これ以上の幸福はない。

 

金のかかる物ばかり欲しがって

もし手に入っても

満足できない事はわかってる。

遠いどこかに居場所を求めるから、いけない。

この瞬間、幸福を感じられない者は

どこまでいっても不幸である。

どうやら僕の不幸や不平等を感じる心は

一生物のようだ。

 

家の中にいたくない。

何度も繰り返すが、じっとしていられない。

かといって、帰ってこれないほど遠くへ行きたくもない。

 

線路沿いを自転車で走る。

いつもそうだけど、行きはいいんだ。

雲行きが怪しいとは思っていたけど

案の定雨が降ってきた。

まるで、真面目に生きていない罰であるかのように。

いや、心にやましさがあるから

大した事がなくても罪悪感を覚えるのだろう。

 

雨の勢いは次第に強くなっていき

土砂降りになった。

行くときは爽快だったまっすぐな道も

帰りは地獄とかす。

傘をさそうにも、折りたたみでは

この強風の中では役にたたない。

必死でペダルを漕ぐ僕。

 

その横を通り過ぎていく軽自動車。

僕も車があったら。

僕はいつも、自分の手の届かない物を羨ましがる。

しっかり前を見ないと、障害物にぶつかるかもしれない。

上を向いて歩くのも考えものだ。

 

僕には

ジャスコで買ったチャリが

お似合いの乗り物なのに。