読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きでニートなわけじゃないよ。

立ち上がらなきゃいけないのはわかってる。けど・・・

この世は苦界だ。それを認めろ。だからこそ明るく楽しく、生きて行く

性夜、性夜、性夜〜独り者には地獄絵図〜♪

byどぶろっく

な夜が明けて、最悪な朝がやってきてしまいましたね。

全国1000万(当社調べ)の自覚症状のあるクズ、ニートのみなさん。

おはこんばんにちは。おとじゃでどうも人間のクズです。

なんか素晴らしいジェーポップの歌詞に、

「誰にでも必ず朝ははくるから〜」みたいな歌詞wありますけど・・・

これ聞いてもクズな僕はぶっちゃけ・・・

 

明日が来た"だけ"で何か変わるわけなくね?

って思ってしまうんですね。むしろ

明日なんて来るな!帰れ!

となる、まぁぼくですから、こんな事書くとどこかからご立派な道徳警察様がやってきて、

 

お前の死にたかった

明日は誰かの生きたかった今日なんだぞ!

 とか

ボランティアのはずなのに

キャストにギャランティーが発生する長距離走中継番組みたいな

ことを言い出すんです。ぼくも以前は同じように思ってました。

みんな頑張って生きてるのに、なんでぼくはこんななんだ・・・なんでぼくはこんなに

だめなんだ。「生まれてきてすいません」

これを見事な歌にしたのが、現代に生きるOZAKI 秋田ヒロム氏率いる

amazarashi で、

今夜生まれてくる命と死んでしまう命、そして懸命に輝く命

無駄に生きながらえる僕

「こんな夜は消えてしまいたい」とよく思うけれど

お前なんか消えてしまえ。

なんで今日まで生きてたんだ?

by amazarashi-奇跡

と、攻め立てるわけです。これは僕個人の意見ですが、

人間ていうのは結構薄情な生き物で、

身内じゃない他人の不幸を引き合いに出されても、知ったこっちゃない

てことだと、 確かに亡くなった人はお気の毒だし、かわいそうだとは思うけど、

むしろ死んでしまうより、生きていくことのほうがよっぽど辛い。

なんであの人が死んでお前みたいなクズが生きてるんだ?と問われたら、

 

仕方ないでしょ?世界は残酷なんだからbyミカサ・アッカマーン

と僕は答えるでしょう。

 

今までの僕なら、ここで世界は残酷なんだ。この世は地獄だ。

真っ暗だ。もうおしまいだ。という暗くて陰鬱な世界に引きこもって、

フヒヒ・・・サーセンとなっていたでしょうが、もうそれはできない。

なぜなら知ってしまったからね。

この世は地獄だ。なぜ悪い?

思うに僕はこの世が地獄であることを心のどこかで認めようとしてなかったんだと

思うんです。どっかでいつかよくなる、まだ大丈夫という考えがあるから

悲観的な正論を好む。そういう俺かっけ〜みたいなナルシチズムがあった。

でも、星野源に説教されてから、僕はこの世が地獄であることを認めました。

 

この世が地獄だ!もうどうしようもない!なら

それを全力で楽しんでやる!自分のクソみたいなところも曝け出してそれを笑いにして

生きていってやる!

と、

吹 ☆ っ切 ☆ れ ☆た 

わけで、今後は僕のカスみたいなおちゃめ機能を総動員して、ブログを書いていこうと

思います。手始めにはてなブログの全部の機能を手当たりしだいに使ってみました。