読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きでニートなわけじゃないよ。

立ち上がらなきゃいけないのはわかってる。けど・・・

僕の憂鬱を吹き飛ばすのは僕自身だ。

クソみたいな自分を愛でてやるシリーズ

 

霧の中を進め

警察, 霧, 海辺

去年、自分には特に何も起こらなかったけど、ブログを始めて良かったと思ったことは

去年まの僕は道が一つしかないと思っていて、その道はもう続いていないと思っていた。今僕は、それ以外の道を探し始めている。霧が前に霧がかかって、見えない道を

手探りで進み始めている。この先どうなるかなんてわからない。確定していることは

必ずうまくいかなくる。かべにぶつかるってこと、でもわかったのは、

うまくいかなくても、それを楽しいと思えることを探すこと。

僕はそれを探し始めた。もう20代後半、遅すぎるスタートたが、仕方ない。

少なくとも、もうなんで生きてるのかわからない、そんな自分でいるのはごめんだ。

青空

花, デイジー, ホワイト, 日, 空, ブルー, 花びら, シート, ブルーム

河川敷を散歩するのが好きだ。ここはビルがあまりないから空が広く感じる。

青空を眺めながらブルーハーツの名曲を思い出す。僕の憂鬱を吹き飛ばしてくれる

騎兵隊はいない、今までならそれを呪っていたけどもうそれも飽きてきた。多分

それは他人じゃなくて僕自身の仕事だときづいたから。

人生を楽しくするには日常の些細なことに感謝せよ。と聞いた。その意味は未だ

わからない。もし、今それを考えるなら、自然が空の色をを夕焼けを赤く、

曇天の色を灰色に、夜を悲しみが深く、星の光がよく通る黒に

晴れた日を時にムカつくほど見事な青にしてくれたことに感謝する。