読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きでニートなわけじゃないよ。

立ち上がらなきゃいけないのはわかってる。けど・・・

僕が嫌いなエセインテリの定義。

僕は考えろ!と命令されて生きてきた。男, 顔, 黒, 白, 目, 鼻, 手, を基づく, サポート, 熟考, 額

 

散々小言を言われた後に、じゃあどうすればいいんですか?と聞けば、

 

そんなことは自分でかんがえろよ。と

 

 

僕に搭載された安物のCPUで考えられることなどたかが知れている。

 

僕に論理的な思考など期待する方が無理だ。どうかしている。

 

無理なことを強要されて、僕の頭は

 

とうとうぶっ壊れてしまった。

 

 

彼らが使う言葉は一見頭良さげだけど、

 

 

その内容はどこかの難しい本の文章を丸暗記している。

 

だいたい就職活動に失敗して目当ての会社に行けなかった大学出の

社会人に多い現象だ。

 

職場でもよく愚痴を漏らしていた。「こんなの大学での仕事じゃない」と

 

なら、なぜやめないのか?という疑問しかなかった。

 

そんなやつが名言を言っても、僕の心には響かない。

 

きっとその人の身の丈にあった言葉ではないから、上ずってしまうんだな。

 

そしてその言葉の何がいいのか?

 

それを本人も大して理解していない。

 

本屋に平済みにされている本の帯によく描いてあるだろう

 

  • アメリカで今話題の科学者が書いた〜
  • ◯◯先生絶賛〜
  • 観客数◯◯万人突破〜

とか

 

それを鵜呑みにしてアメリカで流行っているからすごい。とか、

 

誰かが褒めているからすごい!とか

 

自分ではその本の内容自体、わかっていない。

 

彼らは、

 

自分で考えるということ=面倒臭い。ということを知ってるのだ。

 

だからこそ自分は考えたくない。

 

だから、他人を煽って、考えるのを肩代わりさせようとするのだ。

 

そう、考えろ。という人ほど、

 

実は何も考えていないのである。

 

しかし

 

偉人の言葉とは、意味があるから後世に残るわけで・・・

 

 

 

だとしたら、僕もあえて偉人の言葉をパクろう。

 

Don't think ! Feel.

「ごちゃごちゃ考えていないで、感じ取れ!」ーブルース・リー