読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きでニートなわけじゃないよ。

立ち上がらなきゃいけないのはわかってる。けど・・・

自転車を買い換えた。それだけの話。

自転車, 2 つ, ホイール, 古いバイク

 

久しぶりに自転車に乗ろうと思ったら、前輪から異音がする。

 

タイヤに空気を入れてみたが治らずらない。

 

これはタイヤのゴムがダメなパターンか?

 

以前にもこういうことがあって、その時は5000円くらい掛ったのだ。

いっそ新品を買った方が安いかもしれない。

 

スーパーの自転車屋まで引いていくと

店員から、「これは修理できませんね〜」の一言。

 

どうやら、ハンドルの芯がいかれているらしく、

 

修理してまた壊れても、責任が取れないというのだ。

 

なので、もと来た道を壊れたチャリを引きずりながら戻る。

 

骨折り損とはこのことである。

店員の態度がムカついたので、新品は別の店で買うことにした。

 

後日、別の自転車屋で新品を購入、古い自転車を処分してくれるということなので、

みたび、引きずって持っていくことに。

 

 

自転車屋までの道中、ボロボロの車体を見て思う。

せめて、持っていく前に掃除くらいしてやればよかったな。

 

引きずっている時のギー、ギーという音も、どこか悲鳴を聞いているような気がする

 

なぜかドナドナが頭の中で流れる。

 

こいつも、この後工場でぺしゃんこにされてしまうのか・・・

 

5年乗っていた自転車、その期間が長いか短いかはわからない。

 

心がもの寂しい気分になる。なぜか、トイストーリー2でおもちゃが捨てられるシーン

を思い出した。

 

物にも心があるわけもない。しかし、こんな別れ方でいいのだろうか?

 

いいや、別れ際だけカッコよく飾り立てる方がよくないだ。と自分に言い聞かせる。

 

だが、自転車屋に引き渡した際、ポツリと

 

「ありがとう」

 

という言葉が口から漏れた。

 

今更感謝などしても遅すぎるのに