読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きでニートなわけじゃないよ。

立ち上がらなきゃいけないのはわかってる。けど・・・

絵を描いていて気付いたこと。線が持つ無限の可能性

ただ漫画をコピペしているだけだから。と舐めていたが、とても大変だ。

 

一日一コマ、ふたコマ、びっくりするほど進まない。

 

人間はもとより、背景を描くのも、ちょっとした汚れすら

思い通りに描けない。

 

まるで前に進まず、まだ戦闘シーンにすら入っていない

 

教室とかどうする?一人のキャラでもこれだけかかるのに・・・

 

いや先のことを考えるのはやめよう。とにかく書いてみればいい。

 

それに最近わかったことがあるんだ。何も書いていないノートでも、

 

そこに、線を引いて、それが組み合わさると、人の顔に見える。

 

同じ鉛筆で描いた線でも、手に見える。

 

それが木に見える。

 

影に見える。ただの線なのに。

 

何も書かなければ、真っ白な紙だけど。僕が描くとそこには絵が映る。

 

それが面白い。こんなの書けるわけないじゃん・・・てのが描けた!って

 

なった時の喜びはなんとも言えないものがある。

 

ただの線でも描く角度、組み合わせで、なんでも描ける。

 

そこには無限の可能性があるんだ。そのすばらしさだけは僕にも分かる。