キリギリスはなぜ死んだ?

ニートに生きる資格を

生きるべき命、死ぬべきクズ。二つを分けるボーダライン。

いじめられた学生が自殺する。世間はかわいそう!自殺などしなくても〜とか

いじめたやつは死ね!と言う。

 

例えば、その子が死ぬ事なく、社会に出て、失敗し、

引きこもりなって30過ぎたらどうだろう?

途端に世間はさっさと死ね!となじってくる。

心の傷とは一生付き合っていく物なのに・・・

 

 

 

死ぬべき人 生きるべき人はどうやって決まる?

 

社会への貢献度か。それとも

今後、社会に貢献していくであろうという可能性のことか。

 

ならば残念ながら僕は、死んで当然の人間だ。

家に金も入れず、働きもせず、部屋の中で本をよんでいる。

 

最近、子供のときにバカにしていた主人公たちを笑えなくなってきた

 


 

童話 アリとキリギリス

春の間コツコツと仕事をし食べ物を巣に溜め込んでいたアリに対し、

キリギリスは働きもせず、歌い、楽器を弾いていた。

そして冬になりエサが無くなるとキリギリスは

アリに食べ物を分けてくれるように頼む。しかし、アリたちは

春に働かなかったキリギリスの自業自得といい、食べ物を分けようとはしなかった。

結果キリギリスは餓死してしまう。

 

働かないことは努力しないこと。未来に目を向けていない。現実をみていない

いい加減な怠け者は冬を越すことができない。

 

作者は、ニートは死ね。といいたいんだろう。

 

だが待ってほしい。彼は本当に怠け者だろうか?

歌うにも、楽器を弾くのも、ぶっつけ本番でできる事ではない。

少なくとも、それなりの練習が必要なはずだ。

もしかしたら、彼は、自分の心の傷と必死で戦うために歌っていたのかも

死ぬ事を考えないために、楽器を弾いていたのだとしたら・・・

 

これが有名な音楽家だったら、どうだろう?

もし君の家に

ジョン・レノンボブ・マーリーが食べ物を求めてきたら?

 その食卓にはご馳走が並ぶ事だろう。一曲歌うという条件つきで。

 

だが、キリギリスは有名じゃない。

彼の頑張りは、社会から見れば、、サボりであり、無駄な努力。

そんな彼の命に救う価値はなかった。

 

有名なら英雄、無名なら邪魔者。

僕はきっと後者の道を歩んでいくことだろう。

それが怖い。

 

捨て犬とニートの居場所はどこだ。

家族の僕を見る目が、年々冷たくなっているのを感じる。

鉄壁の要塞だった四畳半の部屋が牢屋のように思えてきた。

とにかく家にいたくない。

 家出少女みたいなテンションで散歩に出かけた。

 

「僕のうちはどこ?」

誰かに呼び止められた気がした。振り返ってみるが、誰もいない。

代わりに五歳児と同じくらいの大きさの犬がこちらを見ていた。

なんだ犬か。と帰り道を急ごうとした時、

そのおかしさに気づいた。ちょっと待て。

 

飼い主は?

 

よく見たら、飼い主どころか首輪も紐もつけていない。

その体は僕の家のぞうきんの方がまだマシといえるレベルに汚れていて

皮膚の上からアバラ骨の形がわかるくらい痩せていた。

 

何より犬特有の散歩ですぜぇ!イヤッホォオオオオオオ!

なテンションの高さが見られない。

犯人の匂いを探す警察犬のように、鼻を地面にこすり付け、

親とはぐれた子供のように路地をうろうろしている

 

もしかしたら

飼っている犬を自分の家から遠くに放し、帰ってこられるかを競う

まったく新しいエクストリームスポーツなのかもしれない。

残念ながらどれだけググってもそんな競技は見つからなかったから

彼は捨て犬ということになる。

 

 

どんな理由で飼い主から見限られたかはわからないが捨てるくらいなら

最初からペットなんて飼うなよ・・・と腹立たしくなる。

それと同時にニートである自分の立場を考えたら

そんな正論を唱えるこもはばかられた。

 

 僕は犬も猫も嫌いだし、拾って飼うわけでもない。

 しかし、彼はあの後どうなったのだろうか?

ガス室に押し込められるか、車にはねられるか。

明るいゴールが想像できない。

 

家に居場所がないぼくと、帰る家のない彼

帰る場所があるだけマシか。

 

どうすればDQNニートに刺されなかったのか?

 

sirabee.com

今までSNSを小馬鹿にしていが、いざ試してみると、その情報量に驚かされる。

この事件を知ったのもツイッターの言及からだった。

 

犯人は26歳、ひきこもり、もちろん無職。

 

人殺しをするくらいなら、いっそ自殺しよう。くらいの余裕はある。

だけど、ぼくはこうならないと言い切れる自信もないから

責める気にもなれない。

 

しかし、彼は社会不適合者。しかも殺人犯だ。

さぞ暴言を投げつけられているだろう。と踏んでいたが

意外にも賛否両論。

否定派から言わせれば

庭でバーベキューをしていた被害者が非常識とのこと

 

非常識が理由で殺されるのなら、ぼくはとっくにこの世を去っている。

BBQで殺されるなど、冗談ではない。

まぁパーティーを開けるほどの人脈もコミュ力もないのだが。

 

元記事のニュースサイトでは、事件には若者のご近所付き合いのなさが原因だ。

といっている。

かといって、田舎のガチガチの人間関係に縛られても

ストレスがたまると思うのだが・・・

もし、被害者が、ニートに一言いれていれば

あるいは、ニートをBBQに誘うってみれば。

リア充達の宴に迷い込んだ底辺ニート・・・・どんな罰ゲームだ。

肉を差し入れすればよかったのだろうか。

どれも違う気がする。

 

価値のある命などないのでは。

ここまで、人間の命の価値を考えてみたが、答えはでなかった。

ぼくには難しすぎた。

逆に価値のある命などないのでは?

それが人の真理なら、好き勝手に生きるのも、一つの方法かもしれない。