キリギリスはなぜ死んだ?

誰の目にも止まらない人々の、言葉に出来ない魂の叫びを綴るブログ。

ニートの眠れない夜の過ごし方。

ホラー映画で真っ先に殺されるタイプの人間である

僕は、真夏の心霊特集なんて見た後は

夜にトイレに行くのも怖かった。

 昼間はなんでもない、渡り廊下も、

わずか数メートル先が見えないだけで、別世界のようだ。

背後の暗闇に凶悪なエイリアンや幽霊が潜んでいて

いつ襲ってくるかと心配していた。

 

持ち前の影の薄さに助けられ、怪物に襲われずに

すみ、無駄に年をとり、嫌でも現実を学ぶ。

結局、人間が一番恐ろしい怪物なのだと。

 

しかし、今は別の意味で夜が怖い。幽霊より

ずっと深刻な問題が僕を悩ませている。

 

眠れない。

 

一応、努力はしたけど

自分への情けなさと将来への不安が枕元で

蚊の羽音のようにちらつき、安眠から遠ざけていく。

 

 幽霊と将来は、得体のしれない、目に見えないという

意味で同じだ。

それが不安で仕方ないのは、僕はまるで成長していない。

中身は子供のままだ。という事なのだろうか?

 

やめよう。それを考えても、結果は変わらない。

 

どうすれば眠れるのか?もしくは、眠れない時

どう過ごすか?が重要だ。

 

 まさかのネタかぶり

僕にしか書けない記事

ナンバー1より、オンリー1を目標にしたのはいいけど

 低学歴、職歴なしの脳が考える事など、とっくの昔に

先人が通過していた。

将来が不安で眠れないとお悩みのあなたへ。 - ニート気質な僕の生きる道
2017/06/25 10:36

 

今回は 僕が内容を丸パクリ

リスペクトしているせいで若干似てしまう・・・

ラッキーマンさんの記事を引用しつつ、考えていこう。

眠ろうとするから眠れない。

布団に入って、眠ろうとすれば、するほど、目が冴えてしまう。

一説には、眠らなければ。という意志が

逆にストレスになり、眠れないようにしてしまう。のだそうだ。

ならば逆に、こちらが起きてしまえばいい。

いっそオールするぐらいのテンションで

絵を描いてたり、ブログを書いたり・・・

ポイントは、RPGのレベル上げのような単純作業である事。

とにかく、眠らなければ。という

プレッシャーから離れる事が大切だ。

夜回りニート

あるいは不安で眠れないなら散歩にでも行ってみてください。

僕が不安でどうしようもなかった時には、

少し外を歩いたりして気持ちを落ち着かせたりしていました。

将来が不安で眠れないとお悩みのあなたへ。 - ニート気質な僕の生きる道

 昼間と違って、夜中は人も少ない。

これなら、「あの人、いつも同じ道歩いてる。平日の昼間なのに・・・」

という世間の突き刺すような目線を気にせず

大手を振って外を歩ける。

 

丑三つ時ともなれば、この歳になっても、

街灯のない所に立ち入るのは尻込みする。

あの暗がりに太田ともえ*1

がいるのではないか。と想像すると、

嫌な肌触りの汗が背中をつたう。

しかし、何が出てくるかわからない

サプライズのようなワクワクも感じる。

今は、怪物が、どうあがいても絶望な人生を

終わらせてくれるのを期待している。

昔は遠ざけていた死の恐怖をむしろ望む

とは、皮肉なもので

 

ただ、怪物はいなくても

夜行性のDQNに襲われるかもしれないし

警官に職質される可能性もある。

自己責任とは言わないが、あまり遠出

するのはおすすめできない。

 眠るためにしてはいけない事

眠れない夜との付き合い方を書いてきたが、

徹夜した後と、眠れた後に迎える昼とでは、思考力がダンチだ。

やはり、眠れたほうがいい。そのためには

カフェインを控える。

僕はコーヒーが大好きだ。缶コーヒーではものたらず

豆を挽いて飲んでいる。

しかし、朝飲んだとしても、確実に入眠が遅くなる。

できるなら、カフェインを含んだ飲み物は控えたほうがいい。

泣く泣く、1日一杯程度に減らしている。

ゼロにしないのは、いきなり止めたら禁断症状が出るし

何より買ってきたコーヒー豆が勿体無い。

 

ネガティブな感情になるものから離れる。

 日が落ちてくると、理由もなく涙がこみ上げてくる。

そんな時に、他人の発信した暗い情報にアクセスしてはいけない。

 ネガティブ×ネガティブが無限の彼方に突入し、

朝が来るまで不安から抜け出せなくなる。

 

もちろん、武田鉄矢も言うとおり悲しいときには泣くほうがいい。

しかし、それは自分の中で消化するべきで

他人に任せるべきではない。

 

よくテレビは不安を煽る装置だ。と言われる。

概ね賛成だが、最近はむしろ、インターネットに

煽られているような気がする。

ネットは加工されていない情報が得られるけど

フィルターを通していない分

悪意もむき出しのまま流れて来る。

 あえて、お気楽なJOPを聞いて、そのまま

布団に入り、できるだけ自分が楽しくなる事を

妄想していると、不思議と眠っているものだ。

 暗闇を恐れない。

眠れなくない夜はとてつもなく長い。

特に何もしないのに、1日、1日、年をとってく

事は苦痛でしかない。

それでも、あなたに知っておいて欲しい。

あなたは、異常でもなく、ダメな人間でもない。

生きる事と真正面から戦っている人なのだと

 

 

 

*1:プレステ2の傑作ホラーゲーム、サイレン2に出てくるクリーチャー。正面からの攻撃が効かない仕様と作品の雰囲気のあまり怖さに、僕はクリアを諦めた。