キリギリスはなぜ死んだ?

ニートに生きる資格を

どう考えたって、お前は神に憎まれてる。

「・・・・は、市の収集車です。・・・・今日は、・・・の収集日となっています。」

ゴミ屋がきた。朝だ。いいかげん起きなければ。

眠たい。寝ていたい。できればこのまま永遠に。

なんで夜は眠くないのに、今はこんなに眠いんだ。

まぶたが重い。体が重い。頭が重い。重たいな。全部。なんとか開けた目で時計を

みる。もう9時だ。いい加減起きなければ。眠い。眠いのに。

朝がきた。望みもしないのに。蝉の鳴き声がうるさい。絶滅しろ。

蚊の羽音がする。絶滅しろ。鳥の声がうるさい。

うるさい。うざい。

起きる。起きるよ。目的もないけど。何もしないくせに。なんで生きてる?

嫌なのはわかってる。飽きるくらいに。

テレビをつける。意味もない。けど、習慣化してしまった事は

なかなかやめる事ができない。

ひとりぼっちの空白を埋めたくて、毎日同じニュース、

同じような事柄を人を変えて喋っているだけなのに。

イナポン。大臣やめちゃったか。やっぱり女性に防衛大臣は無理だったんじゃ・・・

見た目、ドラマに出てくる。いじめっ子の親のPTA会長みたいだったから、

あまり好きじゃなかったけど。

それにしても、辞めるまで随分と間があったような。

コメンテーターがしたり顔でつぶやく。

「イナポンは安倍さんの肝いりで随分庇われていましたね〜」

なるほど、いつぞやエヴァのネクタイしてたおじさんは速攻で辞めさせられたのに。

この落差はなんだろう。

かごいけ

たぼがみ

今村復興相。

「我ら、生まれた国は違えども、総理に見捨てられた事は皆同じ。」

この人たちも案外取り替え可能のただの部品なのかもしれない。

 

部屋の中、暑い。煮込まれてるみたいに。クーラーをつけたい。つけられない

親に怒られる。電気代も払ってないくせに。となじられて、

大丈夫、コンセントから抜いてあるから待機電力対策はバッチリ。

うざい。うざい。社会が。人が。僕を追い出した世界が、涼しさすらえる権利がない

自分の身分がうざい。

なにもかも、繰り返し、うざい。

何かがぼくを追いかけ回している。手のようなもの。とてつもなく大きな、たくさんの。

姿が見えない。それがぼくを望ましくない場所へ引き戻す。

明るい場所に出たいのに、出ようともがいているのに。

ここからで出ようとしてるんだ。なのに出られない。

何かが、ぼくが外に出るのを許さない。ぼくを叩きつけて、そこにいろ。と

おまえのお似合いの場所はここだ。とぼくに命令する。ここに居たくないのに

全身がぼくに命令している。ここにいるのは良くない。ここに居るわけにはいかない。

ポジティブに生きていたい。もし、ぼくの真上に核ミサイルが降ってきても、

爆笑してしまえるほどに。

でも、できない。どうしてもできない。誰かが、誰もが、ぼくが

幸福になるのを許さない。気に入らない。ぼくを引き戻す。

暗闇の中でおとなしく

していろ。と

 

ぼくにふさわしい場所はここじゃない。と何度も抗議した。

なぜ聞き入れられない。と、どうしたらいい?

 

この場合どうしたらいい?もしぼくが受験のとき塾に通っていればまともに受験勉強

して、まともな大学に入っていたなら、対処方が書いてある

マニュアルをもらう事ができたのだうか?

あーしていれば、こーしていれば。そんな考えばかり浮かぶのは、

どーしていれば、社会の底辺にならなくて良いのか?を知りたいから。

そして、一回この場所に落ちてしまえば、這い上がる事はほぼ不可能だ。

カイジじゃないけど、人生は勝たなければゴミだ。

20代後半過ぎれば、いやでもそれを思い知らされる。

やはり聞きかじった話を引用するが

そんな事はない。という人間は、一回、うつ病無職になってみるといい。

この社会が、いかに幸せ者しか相手にしないかわかるから。

Twitterー詠み人知らず

 ぼくの人生はゴミそのものだった。一つ残念なのは、どこの業者も引き取って

くれない事。

自分の始末は自分でつけてください。アナウンスがそう言っているような気がする。

 

自殺。日本は若者の自殺者が世界で一番多い国。なのだそうだ。

一見不名誉なランキングだが、愛国者の意見を添えると

外国では、ドラッグにすがる若者が多い一方

日本の若者は犯罪を犯さず、自分の命に始末をつけられる。

なんて勇ましい国民性なんだ!

彼らの頭も中々スパークしてる気もするが、

 

確かに、トレインスポッティング時計じかけのオレンジ

シティ・オブ・ゴッドをみている限りでは

外国はヤク中しかいないというイメージがある。

今のところ行ってみたくない。

 

すがるもの。で

昔テレビのドキュメンタリーで渋谷にある

モスク(イスラム教の教会)を特集していたのを思い出した。

なぜモスクに行くのか?と聞かれた信者が

 

「日本の人、自殺してしまう人多い。なぜ?すがるものがないから。

悲しい。寂しい。苦しい。そんとき、私モスク行く。

神様聞いてくださる。みんないる。

日本の神様、すがれない。日本の人。ひとりぼっち。」

 

そこから、昔職場で出会ったバングラディッシュ人が言っていた事を思い出した。

 

うろ覚えだが、人間はみんな何かしら悪い事をしていて、そのままだと人間は

神に地獄に落とされる事になる。

しかし、ムハマドだか、モハメドみたいな名前の人。

イーノック的ポジション。多分)にマジごめんと謝れば、ムハメドだか

ハメドだかが、神様に、こいつ謝ってるから、許してつかーさいと口を聞いて

くれる。のだそうだ。

 

イスラム教徒が何人いるのかは知らないが、ムハマド氏も今頃苦笑いだろう。

 

そして、ぼくは、映画ファイトクラブ。のセリフを思い出す。

 

「自分が神に嫌われてるんじゃないか?くらいの事は考えろよ!

どう考えたって憎まれてる!

俺たちは望まれない神の子!ザマァーミロ!」

 

憎まれてる。となじっても、神が存在しない。と思えない所がやはり

キリストを信奉する人々の弱さか。

かくいうぼくも、神の存在を否定できない。

しかし、少なくとも、日本の神が、

困ったときにすがる事のできる。助けてくれる存在でない事だけは確かだ。

そこから考えるとぼくは確かに、神に憎まれている。

でも心配いらない。

然るべきときがきたら、自分で始末をつけるよ。