キリギリスはなぜ死んだ?

ニートに生きる資格を

口内炎を早く治したい人にお勧めの治療法。

 

ガリッ!あーまたやっちまったよ。

口の中を噛んで、痛む傷口が気になる。

よせばいいのに、舌でつつくから

それがどんどん広がって、やがて口内炎になる。

こうなってしまうと中々治らない。

そんなときにかぎって麻婆豆腐、餃子、シャケの塩焼き

といったいつもなら、最高のメニューが食卓に並ぶ。

 

食べたい。でも痛い。我慢して食べる。でも痛い。

地獄の無限ループを終わらせる

為に、長年口内炎と戦い続けている

僕がしてきた対処法を自身の経験を

元に吟味していく。

 

 

家庭の医学編

 歯磨き粉

僕の家庭では、口内炎ができたら

傷口に歯磨き粉を塗り、ゆだれをだす。

というやり方があった。

確かに、なびった瞬間は治った気がするのだが

しばらくすると歯磨き粉の

コーティングが剥がれて、木阿弥になってしまう。

確かに、治るといえば、治るのだが

いかんせん、遅すぎる。

これはネットで出てきた対処法なのだが目を疑った。

「傷口に塩を塗る。」のことわざ通り

余計に悪くなるような気がする。

理屈としては、塩に含まれるミネラルが

殺菌の役目を果たし、

さらに、わざと激痛を与える事で

ショック療法のような効果が得られる。

正直、ガマの油の方がまだ効果がありそうだが

思い返せば漫画、バガボンド

主人公、武蔵が、吉岡一門、植田良平の

「一の太刀」によりふくらはぎを負傷した際

治療した沢庵坊がその傷口に塩を塗りこんでいた。

 

やらない後悔より、やった後悔が大事。

台所から、塩の入ったジップロックコンテナを取り出し、

鏡を見ながら、傷口に照準を合わせ、塗り込む。

 

衝撃。あまりの痛さに悶絶し、目からは涙がこぼれ落ちた。

しかし、これで治るなら、と2回、3回と繰り返す。

不思議と、痛みは軽くなっていったが・・・・

この方法はあまりお勧めできない。

次の日、傷口が余計に広がっていた。

どうやら、使う塩の種類を間違えていたようだ。

僕は、生理食塩を使ってしまっていた。

これでは

細菌が繁殖する温床を作ってしまい逆効果である

皆さんが試す場合、天然の塩を使って欲しい。

 市販薬編

 正直に言うと、僕は、あまり、薬や医者にかかりたくないタイプだ。

もう、どうしてもしょうがない。といった場合以外頼らない。

なので、市販薬も詳しくないのだが

 トラフル錠
【第3類医薬品】トラフル錠 24錠

【第3類医薬品】トラフル錠 24錠

 

 だけは使った。やはり、薬はすごい。これを飲んだ後だと、2,3日で治った。

僕は使った事がないが、これ以外にも、傷口に直接塗るタイプや

違う会社だが、シールのように貼るタイプのものもあり

それを使えば、より早く治る。かもしれない。

少なくとも

塩を塗りたくって激痛に悶えるよりはいいだろう。

 予防編 口内炎にならないためには

口内炎になる原因はストレスや寝不足なども多く

規則ただしい生活を送り

ストレスを溜めないように生活するのが望ましい。

 

しかし、現代社会で

ストレスを溜めずに生きる事など

不可能だと僕は思う。

 

なので、できるだけ、口の中を清潔に保つのが望ましい。

僕が使っているのは

 

 数種類試したが、これが一番良かった。

ミントの味が強すぎず、緑茶の味かするため

爽やかになりすぎず、落ち着いた

感じがする。

 

口内炎の薬は、そこでしか使用できないが、これは口臭予防にもなる。

特に、寝ている時口呼吸の人は、朝起きた後、口が気持ちわるい時に

効果的だ。

僕はもう、リステリンなしでは生きていけない。