キリギリスはなぜ死んだ?

誰の目にも止まらない人々の、言葉に出来ない魂の叫びを綴るブログ。

幸せのある場所はどこ?届かないほど高く。見えないほど遠くに。

今回は 馬鹿がオタクに喧嘩を売るような記事になってしまった。

こんなゴミが目に止まるとは思わないけど、揚げ足を取るのは勘弁してくれ。

どうせゴミの書いた便所の落書きだ。

 

 

名曲

テレビでよくやる昭和歌謡特集。まだ親父のゴールデンボールの中にいた僕には

わからない曲ばかりだ。

 

でも

 

上を向いて歩こう」だけは理解できた。

 

作詞の永六輔氏は、上を向いて歩こうの部分が「ウヘホムイテ」に聞こえたため

「馬鹿にしてるのか」と坂本氏に激怒したという。

これでは売れる訳がない。という予想とは裏腹に

 

この曲は日本のみならず、世界中で大ヒットした。

 

本当に新しい物は古くならない。そして、当時の価値観では、受け入れられない。

この曲が、2017年現在を生きる僕の心に残っている事が、何よりの証拠だ。

 

歌った坂本九氏はその後、

飛行機でも、ロケットでも行く事のできない国に行った。*1

そこはユートピアである事は間違いない。

旅立って帰ってきたという話は聞いた事がないから。

 

首相はスマホゲームガチ勢・・・?

写真の戦闘機を模写している。こう書くと聞こえが悪い気がするけど

メカとおっぱいには男の子を引きつけるある種の引力が発生している。

これは理屈ではない。この流れに逆らう事はできない。

F2は素晴らしい。青い色が好きだからかもしれない。

F15はやっぱり黒い方がイカツくてかっこいい。

飛行機オタクではないので、詳しい名称はわからない。

でも、エンジン周りや

ミサイル?をつける所の角度は素敵だ。

su-35のカメラ?やmi−24のフォルム。特に操縦席周りもいい。

悪役なフォルムが素晴らしい。

例えるならスーパーサイア人3のようだ。

にわかの匂いを嗅ぎつけた

オタクにマウンティングされるのは勘弁なので、これくらいにしておく。

 

飛行機は自由の象徴だ。空を飛べたらどんなにいいだろう。

そんな憧れを抱くのは、今の生活に不自由を感じているから。

 

いくら楽しい。といっても、模写は模写。パクリでしかない。

写真は撮った人のもので、絵は描いた人の物だ。

どれだけ描いても残るのは虚しさだけ。

僕は僕だけの物がほしい。

でも、無から有を作り出す力はない。

絵を書くこと自体僕に向いていないのはわかってる。

まだ、現実を見れない。

 

だから外に行く。本当は車やバイクを書きたい所だけど、所有者やポリと

Toloveるのは勘弁。権利者がいる物、人が座っているはずのない地点に

ある物は書けない。

風景はいい。誰にも文句を言われないから。

以前から目をつけていた公園に向かう。平日でも人があまり来ない上に

書きたい物が見える。まるで海底に財宝を発見したような気分だった。

この時は。

 

案の定ババァが3人で菓子を食っていた。

なぜ今日に限って、とうタイミング。

 

まぁいいや。そのうち離れるだろう。

反対側のベンチにいることにした。

この判断が大間違いだった。

自分の危機管理能力のなさにうんざりする。

テレンス・リーならば、非常に危険です。と

ダメだしされるであろう。

 

植わっている花に気をとられていたら、ババァの一人が話しかけてきた。

 

学生さんですか。初対面の他人はほぼ確実にこう言ってくる。

僕の精神年齢の幼稚さが、外面にも現れているらしい。

 

いいえと返すと、ババァは一冊の新聞を取り出し、マシンガンのごとく

途切れなく話してくる。

 

ババァは安倍政権に不満を持った陣営に属している市民団体で

危険性を説いてまわっているらしい。

正直、ウザさしか感じなかったため、説明している内容はほぼ覚えていない。

記憶にのこった部分だけをまとめると

 

安倍氏は現在、政治を私物化しており、日本を古き良き() mejiの段階まで

戻そうとしている。妻が森永の社長の娘だけど、大丈夫か。

安倍氏の目的は、日本を神の国()にすることであり、それが実現したら

若者が紙切れ一枚で戦争に行くことなる。らしい。

 

つまり、安倍首相は英霊召喚でおじいちゃんを呼ぼうとして国費で

ガチャを回し過ぎたのだそうだ。

daigo氏もおじちゃんが消費税上げたときに幼稚園でブルー入っちゃったらしいし

多少はね。

 

少なくとも、クラスター爆弾製造会社に投資していた奴と一緒に写ってた

写真。隣にいるのが、税金でスマホゲーしすぎた奴。だったら

多少はにっこりできるかもよ。

 

 

その場を離れようとしたけど、荷物をまとめるのにもたつき

主張をほぼ聞いてしまった。

私たちの生活が脅かされている。と鼻息荒くなるババァ

僕の生活を脅かしてるのは、お前だけどな。

ひたすら、そうっすか。を連発し、立ち上がると

もっと日本の未来を真剣に考えてよ!と言われた。

 

平日の昼間から公園にいる奴がそんな事考えてるわけねーだろ。

それに

日本の未来を真剣に考えてる奴が一人でもいたのなら

こんな世の中になってるはずはない。

 

選挙が近いから、この手の輩が出てきたのだろう。

政治に興味はない。選挙もどうでもいい。

勝手な思い込みだが、選挙。というのは、そびえ立つクソの中から

どれが一番マシか。究極の選択を迫る多数派のためのお祭りであり

その中で干からびて匂いがしなくなったクソに任せているだけ。

自民がいい。のではなく、他がダメすぎる。

-50と-100ならどっち取る。ってだけの話だ。

 

勘違いしないでほしいのは僕は自民支持者ではない。

安倍信者マンセーもキモいし、このババァのような輩も勘弁だ。

ネトウヨは自分たちが国のエリートだと勘違いした

オタクの集まり。

かといってパヨクも目くそ鼻くそ。モラトリアムの闇に取り残された

意識高い系の大学生が騒いでいるだけの話。

この国に本物いない。みんな空っぽだ。

 

2chまとめサイトで、元、自衛官の話が取り上げられていたのを思い出す。

一般人は使えない。だから、徴兵制はあり得ない。

 

高度な訓練を受けた兵隊でなければ、現代戦の状況に

対応するのは不可能なのだそうだ。

 

それを聞いて安心したのと同時に、疑問も残った。

なら、お隣韓国が徴兵しているのはなぜ。

 

一時期話題になったウーマンラッシュアワー村本氏の

「戦争行きたくない発言」

 

わがままだ。という輩がいたが、なぜ彼らは

「行きたくなくて大丈夫ですよ。そもそも行くことがないから」

と言わなかったのだろう。

  

軍隊に入るのを強制する必要はない。

 

ただし、雇用形態を非正規雇用か、いわゆるブラック化労働のみにする。

そして

若者が手軽に(普通)の生活できる金を得られる方法は

軍隊に入隊する事にすれば良い。

 

現状を改善するには愛国心が必要だ。と聞くけど、どうだろう。

なら、愛国教育をしている他の国がまともだった試しがあったのだろうか。

 

 

日本では金の話をするのは汚い。金を儲けるのは悪だ。という

風潮があるが、僕はそうは思わない。

 

金に対してしっかりとした知識がないから、やりがいの搾取や、ブラック労働が

まかり通っているのだろう。

 

子供に必要なのは、道徳()や愛国心()ではなく

雇用契約書と労働条件通知書の読み方や、金銭に対する知識ではないのか。

 

行き過ぎた個人主義も勘弁だが、

使う側に都合のいいロボットを作り出すだけの教育も正しのか。

 

若者に国を愛せよ。とは言うものの、国が若者を愛しているそぶりは感じられない。

 

幸せは雲の上に。

 今日は最悪の一日になってしまった。しかし、自分はゴミだ。と

世間に思い知らされるのも慣れてきた。と強がってみる。

 

いつものフードコートを出たら、外は真っ暗。暑かったとはいえ

季節は確実に冬へ近づいている。

今年もあと3ヶ月か。

そう思うと、なぜか涙がでる。

 

上を向いて歩こう。涙がこぼれないように。

悲しみは星の陰に。幸せは雲の上に。

発表当時、坂本氏の独特な歌い方は、保守的な日本の歌謡界からは

不良のレッテルを貼られていたそうだ。

 

不良の音楽が全英チャートで10位になるだろうか。

もしかしたら、日本の心を本当に理解しているのは、海外の人々かもしれない。

 

昔の人は人は死ぬと神様になるといった。

この島は神様の国にはなれない。

そこに生きている間に行くことはできない。

 

だからこそ、自分の人生が生涯、粗大ごみ程度だったとしてもかまわない。

 

雲の上の幸せの国で、神様になった人たちが待っていてくれると信じている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:1985年に起きた事故詳しくは日本航空123便飛行機事故で検索