キリギリスはなぜ死んだ?

誰の目にも止まらない人々の、言葉に出来ない魂の叫びを綴るブログ。

手に届かない物を得たら、人生を再生できるか

無職だと部屋から出るのを強制されない。

その気になれば、餓死するまで外界に触れずにすごせる。

金を使わないのはいい。

だけど、急に泣き出したり、大音量で音楽をかけたり

独り言を延々喋っている。

普通の人になろうとがんばったのに〜マジキチに成り下がりました。

ちきしょオオオオオオオ!

 ありがとう小梅太夫。おかげで文字数を稼げたよ。安らかに。

 

自由になる金を稼いでもいないくせに外にでる。

いっそ気が狂えば、楽になれるかも。

ここまで書いていて、なぜ自虐しているかを考える。

 

自分がゴミなのはわかってる。痛いほど。だから世間の人々よ。

これ以上攻撃するのはやめてください。

 

例えるなら、今、崖のふちになんとかしがみついている人に

「なんで自力で上がってこれないの?」なんて質問しても、無駄でしょう。

同じ事です。

それとも、真心をこめて説明すればわかってもらえますか。ありえませんよね。

僕がどれだけあーなんです。こーなんです。

なんて喚いたところで

あなたはただ一言、「自業自得」と言えばいいんですから。

 

人目は気になりつつも、人のいる場所に行きたいという矛盾。

一人でいるのは危険だと本能でわかっているからかもしれない。

人の集まる場所に居たい。たとえ他人であろうとも。

 

いつもの場所。今日はやけにカップルとすれ違う。

xvideoの見すぎとティンティンを弄りすぎたことへの

天からの罰だとでも。

 

そうでなければ僕を取り囲むようにカップルが配置されている理由はなんだ。

ぼっちに対する素人ドッキリか。

 

くそ羨ましい。のは、絶対に手の届かない物に対する嫉妬か。

仮にそういう存在がいた。として、それで僕の生活が良くなる。とでも。

飯をおごる金もない。将来食わせていく安定した職もない。

仮に居たとしても、赤の他人だ。敵をこれ以上増やしてどうする。

遠くから見ているからこそ、美しい物がある。

 

何一つ満たされない。誰にも理解されない。

それが生きる原動力になるならニートほど生命力に満ちた存在はない。