キリギリスはなぜ死んだ?

誰の目にも止まらない人々の、言葉に出来ない魂の叫びを綴るブログ。

人生というクソすぎるクソゲーを生きる意味。

この世につまらないゲームは山ほどある。しかし、人生ほどクソすぎるクソゲーはない

 

クソみたいなイベントシーンを垂れ流すくせにスキップも回避もできない

 

キャラメイクも能力も決めるのは自分じゃなくて親であり、彼らがよほどの高スペック

 

でない限り、持たざる者として生を受ける事になる。

 

そう言うと、あなた方は「親の悪口を言うな」と目を三角にするけど

 

人間が親になる理由なんて、たまたま避妊具がなかったか

 

「早く結婚しろ」という世間のプレッシャーから逃れようとしただけ

 

世間体を整えたい人々の勝手な都合で、望みもしないのに地獄に産み落とされ、

 

辛いと嘆きながら生きていかなければならない奴の苦悩、どれだけ言葉を尽くせば

わかってくれますか。

 

おまけにこのクソゲー、一個でも間違えばバットエンドまっしぐらなくらい選択肢が

 

重要であるにもかかわらず、セーブ機能は実装されていない。

 

瞬間の判断ミスで、粗悪品とみなされレールから弾かれるシビアなベルトスクロールアクションであり

 

最悪のクソゲーポイントはプレイヤー=主役とは言い切れないこと

 

どんなクソゲーでも主人公次第でクソったれな世界の運命を変えてしまえたり

 

自分の行きたい時に好きなだけ、思い通りに行動できる。

 

だが、人生は違う。

 

 

生まれた境遇、育った環境に左右され、それを変えるには主人公補正でもないと無理

 

RPGのどうでもいいモブキャラのように「人生、辛い」以外のセリフはない。

 

「そんなの自分次第でどうにかなる!不満を言うだけで努力しない奴は甘え!」

 

とあなた方は切り捨てようとするけど、努力で逆転できるほど人生は甘くないって

 

そんなクソゲーならやめちまえ。あなた方は安い感情論を振り回す。

 

やめたくても、終了ボタンを探すだけで1日終わってるんです。

 

明日こそ終わりにしよう。

 

そんな作業ゲーを続ける日々の意味すらわからないんです。

 

後悔するほど上等な人生じゃない。

 

一体何を間違えたんだ?頭のなかで人生を逆走して悟る、むしろ正解なんてないから

 

人生なんてクソゲーを惰性で続けるハメになったんだろ。

 

あの時こうしていたらと悔やんでも、そうしたら成功できたって保証はあるのかい?

 

認めろよ。どんな選択をしても、ひどい結末しかなかった。

 

後悔するほど上等な人生じゃないさ。何度自己診断しても、結論は一つ

 

生まれてこなければよかった。死にたい。昔は

 

死ぬ気になればなんでもできると思ってたけど、死に物狂いで生きてこのザマ。

 

やっぱパンツ一枚で走り出さなきゃだめか。それとも、虹色のおしゃぶり持ってる

 

赤ん坊に射殺されなきゃいけないのか。そんな妄想しても、どうにもならない。

 

死にたい。死ねない。まるで、レアアイテムを求めて、同じモンスターを何回も

 

狩るようなサイクルにはまる。このままではダメだ、無理やり明るく楽しく美しい

 

セリフを吐いたら、サイズに合わない言葉が喉に引っかかって息苦しいだけだった。

 

出たい。出られない。もうたくさんだ。

 

一体いつまでガキみたいにぐずっているつもりだ。そろそろ卒業しろ。

 

心を奮い立たせようとしたけど

 

風に吹き飛ばされそうになったマントを掴んで離さない旅人のように

 

しゃがみこんで動けなかった。

 

思うに、ネガティブな文章が頭の中を埋め尽くしている時は、暗い自分を否定せずに

 

とことん、その底なし沼に沈んでいくべきだ。

 

前を向かなければ、ポジティブにならなければという元気の押し売りは

 

弱気な自分はダメで、価値のない存在なのだ。という自己否定になる。

 

世間どころか自分にまで否定された悲しみは、形のないモヤになりでかくなっていく

 

だって、前を向こうにも、現実の苦痛は増していくばかりなのだから。

 

あなたの否定したい弱気な自分を受け入れてこそ、価値があると僕は思う。

 

ただ、ネガティブな言葉を心に貯めておくのもきつい。

 

あまり勧められないけど、その日の苦しみを日記に書いてみるのもいい。

 

文字に起こすと、そのまま切り離されたような気がする。

 

さらに声を大にしてやめておけと言いたいけど、ブログを書いてみるという手もある。

 

流行のブログ記事と違って、読者の役にたつ訳もないし、他人が遠ざかっていく内容

 

だけど、だからどうした。他人が何をしてくれる訳でもない。他人は他人だ。

 

困った時にすがれない繋がりなど、元から必要ない。

 

自分に必要だから。ブログを書くのに、それ以上の理由はいらない。

 

 この世はクソだし人生はクソゲーだけど、自分の物なのよね〜ん

 

ロックバンドの名言っぽい物を書いて、強がってみたものの、PVや人気は正直厳しい。

 

ただ、お前の話なんて誰も聞いてねーよ。という現実を突きつけられると

 

逆にブログを書きたくて仕方なくなる。

 

バフ◯リンの半分が優しさでできているのなら

 

このブログは、上っ面だけ美しく取り繕う社会への不満でできている。

 

このクソゲーのゲームシステムをぶっ壊すチートは、怒りと憎しみ以外ない。

 

現実の壁を殴り続けて、命尽きても構わない。

 

今までの人生、常に道半ばで投げ出してばかりだった。たったひとつでいい。

 

諦めないでよかった。続けてきてよかった。と言える物を手に入れたい

 

誰の目も気にする必要はない。死ぬのも生きるのも好きにするがいいよ。

 

生まれた瞬間から、君の命は君の物なのよね〜ん。