読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリギリスはなぜ死んだ?

ニートに生きる資格を

夢を見て初めてわかる。その恐ろしさ。

 

僕は生まれてこの方「夢とか目標」を持ったことがありませんでした。

 

それはきっと、自分が夢を叶えれる器の人間ではない。っていう事を

本能的にわかっていたからかもしれないし、

一番の理由は、夢を追いかけて挫折するのが怖かったから。だと思います。

 

 クズに居場所などない

僕は昔から、プラモデルを作ったり、ブロックでロボットを作ったり

 読書したりといった

 

  一人でする単純な作業が好きでした。

絵を描くのはそれと似ています。

 

 

絵を立体的に見せたくて陰影を描いていく僕。

 

明暗の調整ができなくて、はたから見れば、丸の中を

ただ真っ黒に塗っただけに見えるだろうけど

 

でも、完成した絵を見たとき、

 

それが他人から見れば、ゴミ同然でも

 

なんとなく充実感や言葉にできない感動を覚えました。

 

これはいける。コミュ症で忍耐力のない僕でも、これなら続けられる。

 

ここが、この芸術が、私の魂の場所よ!

 

なぜかマギーさん*1になるほどハイテンションでした。

 

ようやく自分の居場所を見つけた。希望の光を見た。

 とその時の僕は思っていました。

 

それがバカ者の勘違いだとも知らずに。

 

 

 コミュ症に成功は無理。

ある日何の気なしに検索したブログ。

そこに書いてあったのは、僕と同じコミュ症の人が

芸術家になろうして、コミュ症だったがために挫折した記事でした。

 

 その人によれば、

 芸術は絵だけ描いていればいいような甘い世界じゃない。

毎日コネを作りに人の機嫌をうかがいに行かなければいけなかった。

 

 絵を描いていなかった時の僕なら、「そんなもんですよね〜」となって、

終わりだった記事。

 

でもすでに「芸術家」という夢へ向かうため、

努力という高速道路を走り始めていた僕には、

 他人事ではありませんでした。

 

急ブレーキを踏み、勢い余ってその場で横転するような

感覚だったのです。

 

実力が足りないならまだしも、「コネがないから」成功できない・・・

それでは僕が今やっていることはなに?

 

 耳元で「誰か」が囁きます。

いまならまだ引き返せる。と

 

でも、この時の僕は、

  芸術がダメなら、漫画を描けばいいじゃん!

絵が上手くなれば、漫画もかける・・・はず。

 

ようやく掴みかけた希望を捨てるわけにはいかない。

 

誰かからのせっかくの警告を無視し、がむしゃらに突っ走り始めたのです。

 

ぶっちゃけ芸術よりも漫画描く方が地獄。

そんな僕はある日、漫画家を目指し、努力したものの挫折してしまった

人のブログを見つけました。

 

 そこでは、コメントしている人たちまでも、

僕では絶対にできないような血の滲む努力をしていました。

それでも夢を掴めない人が大多数。

 

そこで、ようやく僕は気づいたのです。

 

僕は「絵を描く」ということをなめていたこと。

 

「夢や目標を持つ」事がどれだけ恐ろしいことなのかを

 

デッサン本のお手本の絵を見ればわかります。

 

光が当たっているのは、ほんの少しの面積だけ。

 

むしろ、そこから広がっていく陰の面積の方がはるかに大きい。

 

成功しいる人は本当に一握り

 

その陰にはどんなに 考えて、努力しても、夢を叶えることができず

 挫折してしまった人が大勢いる。

 

だからこそ、

 

光の部分が輝くのだ。と

 

 

クズニートにありがちなことwww

「自分には何か特別な才能がある。何かはわからないけど。」

僕はいつの間にか根拠のない自信を持っていました。

 

今や死語になってしまいましたが、こういう奴のことを、厨二病と言います。

 

ニートというのは自意識過剰になり家に引きこもっていることが多くなります。

部屋の中に一人でいると、変な妄想ばかりするようになり、次第に

 

「俺はまだ本気出してないだけ」という

ひどく自己中心的な思考を持つようになるのです。

 

 

本当に才能がある人がニートになるわけがない。

 

そもそも才能がある人というのは、

 

なりたいものになるための人生設計がちゃんとできていて、しかるべき教育を受け

しっかりと努力して、認められ、デビューしています。

 

少なくとも、僕のようなクズとは違う

 

本当に才能がある人はニートになどなるわけがないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:PS3ゲーム「アーマード・コア ヴァーディクト・デイ」の登場人物