キリギリスはなぜ死んだ?

社会に、いらね。と言われた奴の最後のあがき

入り口はあっても出口のない迷路

ここはどこなんだ?なぜこんな場所にいるんだ?どうやってここにきた?

 

なぜ?ここまでやってきた自分を呪ってみても、戻る道もない。

 

人生とはどこへ進むかもわからないのに一発勝負でやり直すこともできず

 

正しい道を示すヒントすらない迷路に似ている。

 

見渡す限りをやらなければならないこと、生きていく上での当たり前でできた

 

暗く、温かみのない壁で囲まれた狭く、息苦しい通路を、ただ広い場所にでたい

 

一心でさまよっていく。いったいどれだけ歩いたんだ?足がしびれるまで歩いても

 

見えるものは変わらない。まるでいままで一歩も進めていないような

 

いや、新しい道を選んだ。と思っていたけど、もとの場所に戻ってきてしまったような

 

あまりにもバカバカしく、疲れるだけで、時間だけは過ぎていく。

 

 もう疲れたよ。頑張ったんだよ。本当だよ。できる限りだ。

 

でも、頑張っても頑張っても、良かったこともないのよ。

 

立ち上がって良かった。報われたと思えることが、何一つもないのよ。

 

ただ、ただ、もっと頑張れ。もっと頑張れと

 

鞭で打たれているような気分で、成果が出るのはもう少し先だ。

 

とか、もっと先まで

頑張れって言うけど、差し込む光くらいないのかい?

 

 この、人生という迷路を作った奴はいったい何を考えているのだろう。

 

人を惑わせて何が楽しいというのだろう。

 

たとえば、これがアリの観察キットで、ここでさまよっている人間の有り様を

 

宿題の絵日記か何かに書いているのだとしたら、随分と滑稽だと思うだろうな。

 

入り口はあっても出口のない迷路を、いったいいつまでさまよえばいいんだろう?